トップ

コンピューター速度を上げる

速いコンピューター

コンピューターの動作が遅い理由

コンピューターを使っていたら重くて動かない!動作が遅い!ということは、時々起ることです。これはいったいどういう原因で起きるのでしょう。1つは単純に回線スピードが遅い場合、契約スピードにもよりますが、環境によっては早いはずの回線でもスピードのロスをすることがあります。これは運としか言えません。もう1点は、コンピューターの性能に対して、ネットなどの情報量が重い場合、処理しきれず動作が遅くなることがあります。これは動作の中枢機能であるCPUのレベルを上げれば解決できます。またパソコン内に不要なデータが溜まっている場合もありますので、時々見直してみると良いでしょう。デフラグというデータをまとめる作業を定期に行うといいですね。

基礎

コンピューターが遅い原因

最近は、コンピューターを利用することが当たり前の時代になっているものの、その利用環境について深く考えない人が多いのも現状です。特に仕事などでコンピューターを利用する人は、処理速度に不満をもっているものの、対応をしていない人も多いでしょう。処理速度が遅いのは、ファイル数などの増加によるデータ量の肥大化が主な原因です。ブラウザのダウンロードファイルの保存先にしていされているフォルダは、その中身がほとんど既に不要となったファイルである場合が多いです。なかには、大きな容量を持つインストーラやファイルがあるので、名前から不要なファイルを判別し、削除してください。簡単に、処理速度を遅くする原因を取り除くことができます。

新着情報

↑PAGE TOP